埼玉西武ライオンズ山川穂高選手 “どすこい”バッティングフォーム解説

埼玉西武ライオンズ山川穂高選手の
“どすこい”バッティングフォームを解説します。
後ろ大きく前小さく(後ろでヘッドが加速する時間をとって、前はコンパクトにアジャスト)
87cmの長尺バットを使いこなし、長打を連発。
グリップの使い方は必見。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »