【クラウチングスタイルで広角打法】バンザイ男!ウォーレン・クロマティ氏のバッティングフォームを解説【バッティング解体新書】

NPB史上6位のシーズン打率.387を記録するなど、
読売ジャイアンツの一時代を支えた最強助っ人の一人、
ウォーレン・クロマティ氏のバッティングフォームを解説しました。

バランスの良い重心と浅いトップで高打率
独特のクラウチングスタイルから、肩のラインとバットの角度を合わせる
開かないように後ろ足を回さず、逆方向へも強く打つ

Warren Livingston Cromartie
マイアミ・ジャクソン高等学校(英語版)
マイアミ・デイド短期大学(英語版)
モントリオール・エクスポズ (1974 – 1983)
読売ジャイアンツ (1984 – 1990)
カンザスシティ・ロイヤルズ (1991)
首位打者:1回 (1989年)
最高出塁率:1回 (1989年)
最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1989年)
※1994年より表彰 最多勝利打点:2回 (1984年、1986年)
最優秀選手:1回 (1989年)
ベストナイン:3回 (1986年、1987年、1989年)

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

Translate »