【右打者史上最高打率.378】お手本のような安打製造機!内川聖一選手のバッティングフォームを解説【バッティング解体新書】

NPB史上右打者最高打率.378の記録を持ち、セ・パ両リーグで首位打者を獲得するなど、日本屈指のヒットメーカーと呼ばれる内川聖一選手のバッティングフォームを解説しました。

無駄な動きのない完璧なトップ
五角形を崩さないシンプルなインパクト
つま先、おへそを打球方向に向ける右打ち

大分県立大分工業高等学校
横浜ベイスターズ (2001 – 2010)
福岡ソフトバンクホークス (2011 – )

首位打者:2回(2008年、2011年)
最高出塁率:1回(2008年)
最多安打:2回(2008年、2012年)

MVP:1回(2011年)
ベストナイン:5回(一塁手部門:2008年 外野手部門:2009年、2011年 – 2013年)
ゴールデングラブ賞:1回 (一塁手部門:2019年)

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

Translate »