【広角に打ち分ける天才】セカンドとして300本塁打!ロビンソン・カノ選手のバッティングフォームを解説【バッティング解体新書】

華麗な守備でファンを魅了
バッターとしても高い技術を誇る
人気選手ロビンソン・カノ選手の
バッティングフォームを解説しました。

二塁手として史上3人目の300本塁打達成
3000本安打の期待もかかる大打者

2019年シーズン終了時点
2570安打
324本塁打
打率.302

コック・ヒッチから最大捻転で浅めのトップ
体に巻きつきながら、ヘッドを走らせて返す技術
開かずヘッドを押し込む足の使い方

サンペドロ・アポストル高等学校
ニューヨーク・ヤンキース (2005 – 2013)
シアトル・マリナーズ (2014 – 2018)
ニューヨーク・メッツ (2019 – )

シルバースラッガー賞 5回:2006年、2010年 – 2013年
ゴールドグラブ賞 2回:2010年、2012年

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

Translate »