埼玉西武ライオンズ 森友哉選手 バッティングフォーム解説

2019年パリーグ首位打者
※パリーグのキャッチャーとしては野村克也氏以来(セリーグも含めると古田敦也選手以来)
埼玉西武ライオンズ森友哉選手のバッティングフォームについて解説しました。

低い姿勢、大きく上げる足、大きい踏み出しからの高速ターン
最小限のグリップの動きからの長いバット軌道
レベルスイングもアッパースイングをゾーンが長く
変幻自在の打ち方で、多彩な球に対応できる力はさすがです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »