【2130試合連続出場】鉄の馬!ルー・ゲーリック氏のバッティングフォームを解説【バッティング解体新書】

難病に苦しみながらも2130試合連続出場を果たし、
史上最年少での殿堂入りとなった
「Iron horse」
ルー・ゲーリック氏のバッティングフォームを解説しました。
ベーブ・ルース氏と共にクリンアップを勤め、
ニューヨーク・ヤンキースの黄金時代を築き上げました。
筋萎縮性側索硬化症を患い、
37歳の若さでこの世を去りましたが、
ヤンキースは彼の偉大な功績を称え、
背番号4をMLB史上初の永久欠番に指定しました。
Lou Gehrig
通算493本塁打
生涯打率.340
生涯出塁率.447

飛ばすためのトップの作り方
回転軸に寄って求心力を高め、前足の地面反力でステイバック
強い後ろ手を使ったヘッドのたて方

首位打者 1回:1934年
本塁打王 3回:1931年、1934年、1936年
打点王 5回:1927年、1928年、1930年、1931年、1934年

シーズンMVP 2回:1927年、1936年
三冠王:1回:1934年

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

Translate »