ボブ・ホーナー 来日4試合で6本塁打を打った男

ボブ・ホーナー

1987年ヤクルトスワローズに入団

背番号50 (シーズン本塁打50本を期待された)

来日4試合で11打数7安打6本塁打を放つなどホーナー旋風を巻き起こした

腰痛で規定打席に達しなかったが、

93試合で打率.327、31本塁打、73打点という記録した。

著書「地球の裏側にもうひとつの野球があった」

この年、ヤクルトCMの出演料など合わせて5億を稼いだと言われている。

※日本人最高年俸の落合博満が1億3000万円の時代。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »