バッティング指導が難しい理由 タイプ別野球指導法

バッティング タイプ別野球指導法

野球の指導で一番難しいのはバッティングだと言う指導者が多いです

なぜなら細かく分けていくとタイプが多すぎるからです

バッターのタイプ

・安打狙いのミート重視のタイプ

・ホームランを狙う長距離ヒッター

右打ち、左打ち、両打ち(スイッチヒッター)

さらに身体のタイプによってバッティングフォームも微妙に違ってきます

・前軸、後ろ軸、外側重心、内側重心

指導者自身のタイプと選手のタイプが同じなら教えるのは比較的簡単です

しかし全員が同じタイプなんてほぼないですよね

一番やってはいけないこと、それは、

自分が考える理想のバッティングフォームを全員に教える指導です

全員で円になっての素振り

1つのバッティングフォームをチームで徹底している練習シーンをよく見かけます

スイングの軌道について

野球のスイングの軌道については

アッパースイング、レベルスイング、ダウンスイングなどがあります

よく、ゴロを転がせ!フライを打つな!という指導者が

上から叩けと、ダウンスイングを推奨しています

ピッチャーが投げた球はホームベース付近では地面に平行から少しタレ気味に迫ってきます

だから、極端なダウンスイングではミートポイントが点になってしまいます

つまりミートする確率が減るということです

なので、レベルスイング~少しアッパー気味のスイング軌道のほうがミート率は上がります

バッティング 構え

構え方にもオープンに構える、クローズに構えるなどいくつかのタイプがあります

これはピッチャーのタイプや狙うコースなど様々な要因で変えていくのが一般的です

タイミングを取るために足を上げるタイプ、上げないタイプなどもあります

 

さまざまなタイプに対応できる指導者が少ない

バッターのタイプや構え方、スイング軌道など

本当にたくさんのタイプがあり、その選手にあったタイプのバッティングフォームを選択して指導するためには指導者の知識、経験、技術など多くのスキルが求められます

だからバッティングを教えるのは難しいというわけです

フォームがある程度できても日によって微調整

さらに、タイプが分かってバッティングフォームが出来たとしても

その選手の調子やコンディションによってもバッティングフォームは微妙に違ってきます

どう調整していくかが指導者の腕の見せどころです

車でいうとチューニングのようなイメージですね

調子の良い(試合で結果が出ている)状態をいかに持続させるかということです

 

まとめ

このように、バッティングといってもさまざまな選択肢があり

タイプに合ったバッティングフォームをチョイスしなければ試合で結果を残し続けることは難しいです

選手は自分にあったバッティングフォームをいかに早い段階で身につけることができるかが勝負です

指導者はさまざまなタイプを理解して、選手ごとに使い分けることができるかが鍵になります

親目線でいうと、指導者を見極め、指導者に実力がなければ子供が潰されないように注意して守ってやれるかが重要です

タイプ別野球指導法を知っているか知らないかで結果に大きな差が出るということになります

たった1度きりの野球人生、どうせやるなら

最短で上達できる、タイプ別野球指導法を実践したいですよね。

 

==================

ベースボールラボ
LINE友達登録でもれなく全員に特典2つプレゼント中です!

【特典1】プロ野球選手への道知るべ
早熟・晩生タイプ、それぞれが
いつまでに何をすればよいかの目安が見れます

【特典2】タイミングのとり方 動画
ピッチャーのタイプ別にバッターのタイミングのとり方を解説

↓  ↓  ↓  ↓

友だち追加

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »