【前の壁を崩さず高打率】通算打率NPB史上1位!青木宣親選手のバッティングフォームを解説【バッティング解体新書】

2019年シーズン終了時点でNPB史上1位の通算打率.326を誇る、
ヒットメーカー青木宣親選手のバッティングフォームを解説しました。
200本安打を2回達成はNPB史上初!
見事なレベルスイングから、広角にヒットを打ち分ける技術が持ち味の選手です。

足を使ったトップの作り方から、ズレのない連動
体に巻きつくようなレベルスイング
準備動作での意識付け

日米8球団を渡り歩き、安定した成績を残し続けて来られました。
宮崎県立日向高等学校
早稲田大学
ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ (2004 – 2011)
ミルウォーキー・ブルワーズ (2012 – 2013)
カンザスシティ・ロイヤルズ (2014)
サンフランシスコ・ジャイアンツ (2015)
シアトル・マリナーズ (2016)
ヒューストン・アストロズ (2017)
トロント・ブルージェイズ (2017)
ニューヨーク・メッツ (2017)
東京ヤクルトスワローズ (2018 – )

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »